1. TOP
  2. フェティッシュバー
  3. 新宿Markiss Tokyo(マーキス トーキョー)へ行ってきた。

新宿Markiss Tokyo(マーキス トーキョー)へ行ってきた。

早乙女 五行

18年目に突入した、エキサイティングな「お変態バー」

DSC_0129

今回紹介させていただく「Markiss Tokyo」は開業から18年目に突入した会員制のバー。
つい先日、クラブ貸切で行われた「KINKY DISCO PARTY」も大盛況で、多くの常連客に支持されている老舗バーだ。
Markiss Tokyoは自ら「お変態バー」を名乗っているが正式にはFetish&Exciting Kinky Bar。
筆者もその存在は知ってはいたがなんとなく敷居が高い気がして今日まで訪れたことはなかった。
しかし、今回初めて訪れてみて、またしてもその認識を変えざるを得なかった。

 

DSC_0129店内に入ると、穏やかなマスターと気さくなママ。明るく美しい女性スタッフのおかげで徐々に緊張がほぐれていく。

19時の開店直後に一組のカップルが来店、筆者とは初対面同士だが気さくなお店の雰囲気に助けられ、話に花が咲いていく。
その後も続々と常連客や久しぶりに来たという客が集まり、夜が更けていくにつれ店内は盛り上がっていった。差し入れのケーキをいただき、店中でイエーガーマイスターを一気飲みする頃には店内の熱気は最高潮に達した。

このMarkiss Tokyoは決して欲望を発散する場所では無く、心の鎧を脱ぎ捨て自分を解放することが出来る、そんな貴重な場所なのだ。
現代社会に生きる人間は日々様々な抑圧やストレスと戦っている。
大都会の真ん中にポツンと湧いた自分を開放できるオアシス、Markiss Tokyoはそんなお店だった。

また日本酒を持ち寄った日本酒会など様々なイベントも頻繁にあるそうなので公式HPをまめにチェックしていただきたい。

DSC_0129DSC_0129DSC_0129

筆者の拙い文章ではMarkiss Tokyoの魅力を伝えきれずもどかしいが、決して敷居の高いバーでは無いので是非訪れていただいて、その魅力をご自身で感じていただきたい。

 

Fetish&Exciting Kinky Bar
Markiss Tokyo

エリア:新宿
Tel:03-5337-2372
営業時間:19:00~24:00

お店のサイト:http://www.markiss.tv/