1. TOP
  2. SMホテル
  3. 六本木SMホテル「アルファイン(ALPHA-IN)」に行ってきた(102号室 スワップ地獄編)

六本木SMホテル「アルファイン(ALPHA-IN)」に行ってきた(102号室 スワップ地獄編)

早乙女 五行

SMルーム専門の老舗ホテル、アルファイン

上の写真はアルファインの外観だが、まるで石造りの城塞のようなその威容は正にSMの聖地の名にふさわしい佇まいを見せる。
六本木にあるアルファインは全室SMルームの老舗ホテル、などといまさら説明をしなくてもSMに興味のある方なら必ず知っている有名ホテルであろう。
SMルームを持つホテルは何件かあるが、今回改めてアルファインを拝見させていただきその格の違いに圧倒された。

今回はアルファイン様のご厚意で数部屋取材をさせていただいたが、あまりの内容の濃さの為、部屋ごとに記事を分けて紹介させていただく。

102号室スワップ地獄、広い室内には所狭しと本格責具が並ぶ。

102-1まずはこの椅子。多くの方がSMビデオでみたことがあるのでは無いだろうか?
見た途端「あっ、あの椅子!」と叫んでしまう「宇宙遊泳」と名付けられたこの器具は両手両足を拘束したまま手前のハンドルで自由に角度を変えられる責具だ。

102-2壁際には十字拘束具、X字拘束具、そして首と手をいれて拘束する道具(なんていうのこれ?)そしてチェーンブロックが並んでいる。
この一角だけでもSMルームを名乗る他のホテルの設備を遥かに凌駕する本格仕様だ。

102-3そして檻である。
頑丈に作られた鉄の檻は、そこに閉じ込められた人間の人権を完璧に奪い取る。

102-4「尺八専用便女」と名付けられたこの器具、ご丁寧に写真付きの使用説明書が書かれている。

SMは、なにより安全に気をつけてね。

102-5各部屋には丈夫なチェーンブロックが設置され容易に吊りプレイを楽しめるようになっている。

重ねて言いますが安全第一でね。

102-6絶妙な場所に穴の空いた革製のお馬さん、口元には手枷も付いて拘束が出来るようになっている。この穴の使い方はもちろん・・・

102-7診察用ベッドも完備している。

うっかり写真を撮り忘れてしまったが、この部屋も普通のベッドはあるので安心して泊まりに来ていただきたい。

 

取材協力
Fashion Hotel ALPHA-IN(アルファイン)
住所:〒106-0044 港区東麻布2-8-3
電話番号:03-3583-3655

公式ページ:http://www.hotelalphain.com/